3Dプリンターで印刷できなくなった(ノズル掃除編)

3Dプリンターのノズルから突然、材料(フィラメント)がでなくなり印刷できなくなりました。

そこでまずはノズルが詰まったのが原因と考えて以下の手順書を参考にノズル掃除をしました。

zortrax | ノズルクリーニング

この手順書によると、必要なものとして「アセトン」があります。
アセトンは全く扱ったことのないものだったので、いつものようにアマゾンで購入しました。

またアセトンという液体の性質上、蓋つきのガラスの小瓶にノズルを入れた方がいいと考え、小瓶も購入しました。しかし小瓶にアセトンを注ごうとすると、アセトンが小瓶にうまく入らずにこぼれてしまうことが問題になりました。そこで販売元に質問すると、以下の装着型の注ぎ口を紹介されて購入しました。

 

 

img_4214

これで準備完了です。手順書に従い3Dプリンター購入時に付属している専用レンチを使って本体からノズルを取り外し小瓶に入れてアセトンを注ぎます。蓋をしてしばらく待ちます。(私は約1日待ちました)

小瓶にノズルを入れてアセトンに漬ける

小瓶にノズルを入れてアセトンに漬ける

ノズルを取り出し、拭いて乾燥させたあとに本体に装着してテスト印刷しましたが印刷できませんでした。
ノズルからフィラメントが出て来ません。

そこで、ノズルの上についているホットエンドという部分の洗浄をすることにしました。

以下のマニュアルにしたがってホットエンドを取り外します。(分かりやすく書いてあるのでしょうが結構大変でした。) ノズルからフィラメントが出てこない – Zortrax 3Dプリンター

ノズルが付いた状態のホットエンド

ノズルが付いた状態のホットエンド

このノズル付きのホットエンドをアセトンに漬けて洗浄しようとしたのですが、ノズルで使った小瓶にホットエンドが入りませんでした。そこでネスレのインスタントコーヒーの瓶で代用しました。また、横着してノズルを付けたままアセトンに漬けたのですがホットエンド内はあまり洗浄できていなかったのでノズルを外して再度アセトンに漬けて洗浄しました。洗浄後に付属の針金のようなもので中の通路を掃除した後が下の写真です。

洗浄後のホットエンド(貫通しているのが確認できる)

洗浄後のホットエンド(貫通しているのが確認できる)

ノズルとホットエンドが洗浄できたので、本体に設置してテスト印刷してみました。
ところが印刷できません。

よく調べてみるとセットしたフィラメントが送り出されていません。歯車が振動しているだけです。どうやらエクストルーダーケーブルという部品が断線した可能性が大きいことが分かりました。

下の丸の部分の歯車が回っていないことが原因

下の丸の部分の歯車が回っていないのでフィラメントが送り出されていない