3Dプリンターで印刷できなくなった(エクストルーダーケーブル交換編)

前回のブログの続きです。

3DJプリンターで印刷できなくなった原因はどうやらエクストルーダーケーブルの断線が濃厚ということになりました。早速、購入元に電話したところ、エクストルーダーケーブルを宅配便で送るので試して欲しいとのこと。翌日の午前中には当社に到着しました。

早速、ケーブルを交換する作業です。以下のマニュアル(英語)にしたがって作業をしたのですがかなり大変でした。それはケーブルをどのように設置すればいいのか非常に分かりにくかったからです。

Extruder Cable Replacement – Zortrax

まずマニュアルにしたがって本体の底面のフタを外し、古いケーブルを取り除きます。

そして新しいケーブルの設置ですが、マニュアルの動画ではケーブルを3か所で固定するところから始まりますが、私は底面の基板に差し込むところから始めました。ケーブルには裏表の区別があります。

底面の基板とケーブルの配置

底面の基板とケーブルの配置

赤線で囲まれた部分と緑線で囲まれた部分を比較すると、赤の部分は織り込まれたようなスジがあり、緑の部分はツルツルとした感じになっているのが分かります。この違いで表裏の区別としました。

表裏の区別をしながら基板にケーブルを差し込み上の写真のようにケーブルを配置します。コツは黄色の矢印の部分で軽くケーブルをたたんで反転させることです。

cable2

底面からケーブルを通して上の写真のように本体の側面にケーブルを配置します。
(私は両面テープを購入して留め具を上写真の位置に固定しておきました。これを怠ると
またケーブルの断線のリスクが高くなるようです。)

cable3

そして底面のフタを閉じて、最後に上の写真のようにケーブルを差して終了です。
(赤線で囲まれた部分はツルツルした面です)

そしてテスト印刷です。うまく行きました。