ベッドサイド水洗トイレ~高齢者目線で考えるリフォーム

こんにちは。

弊社は、50年以上、入間市を中心に地域密着型で、ガス機器の販売・設置工事を行っています。
また高齢者の見守りシステムを販売していることもあり、バリアフリーリフォームのご相談を受けることがあります。
その中で感じるのは、安全で使いやすいトイレの必要性。

トイレの自立はプライドにかかわります。
一方で、怪我が多い場所のひとつ。

狭い空間内で衣類の着脱を行い、体の向きを変えたり、座ったり、立ったりと動きます。
おまけに、手洗い場の水がはね、滑りやすくなることも。

古いお宅だと、トイレの出入口に段差があったり、トイレが寒かったり、和式だったり……。
トイレが狭く、転倒したときに起き上がれないケースや、介助者の付き添いが難しいケースもありました。

リフォームというと、現在のトイレの改修をイメージされる方がほとんどだと思います。
でも、近年は、「ポータブル式の水洗トイレ」というのも開発されています。

一般的なポータブル式のトイレは、希望の場所に置けますが、後始末が必要で、においも気になります。
一方のポータブル式の水洗トイレは、どこでも自由にというわけにはいきませんが、設置後もある程度移動でき、後始末が不要。一般の水洗トイレと似たような感じで使うことができます。もちろんにおいも気になりません。

ポータブル式の水洗トイレは、2015年から介護保険の対象商品になりました。
都道府県等の指定を受けた事業者から購入した場合のみ、福祉用具の購入費が支給されます。
介護保険の適用をご検討の場合は、事業者ごとに「福祉用具専門相談員」が配置されていますので、ご相談されるといいでしょう。

※齊藤燃料店では、次にご紹介するTOTO株式会社のベッドサイド水洗トイレについては、お取扱可能ですが、福祉用具の専門店ではないため、専門的なご相談には対応いたしかねます。

現在、販売されている主な商品は次の2つです。

商品例

TOTO株式会社:ベッドサイド水洗トイレ

寝室など部屋に後付けできるTOTO製の水洗トイレです。
暖房便座付きで、ウォッシュレットも付いています。
そしてトイレの後部にはキャスターが付いており、大人1で移動させることも可能。
工事にかかるのは1日程度です。
壁にエアコンのダクト程度の穴を開け、排水管を設置します。

公式サイトには動画による説明もあり、イメージしやすいと思います。
ご興味のある方は、ご覧ください。
ベッドサイド水洗トイレ

株式会社アム:流せるポータくん

流せるポータくんは2種類あります。
「流せるポータくん2号」は、高さが調整でき、家具調のデザインが特徴。
「流せるポータくん3号」は、より衛生的な樹脂製で、洗浄便座を点けることが可能です。
TOTO製品との大きな違いは、「レンタルサービス」があること。便座部分は購入が必要ですが(介護保険対象商品)、ポンプユニットはレンタルできます。
このため、導入コストを抑えることができ、利用中のメンテナンスも無料とのことです。

流せるポータくん

斉藤燃料店では、ライブカメラを用いた見守りシステムの販売・サポートを行っております。
ホームセキュリティ

ホームセキュリティについてのご相談や見守りサービスについて詳しく知りたい方は、お気軽にご連絡をください。