【防災対策】地震時・停電時のガス機器の使用について

地震時、災害時、停電時のガス機器の取り扱いについてまとめます。
いざという時に慌てないよう、一通り知っておくと安心です。

地震が起きたら……

ぼうさいぐ

震度5相当以上の強い地震が起きたときにガスを使っていると、ガスメーターが自動的にガスを遮断します。
だからまずは身の安全を確保し、揺れがおさまってからガス栓を閉めましょう。

避難するときは、必ず器具栓、ガスの元栓、ガスメーターバルブを閉めましょう。

停電したら……

電気が止まってもガス機器には影響がないと思われている方もいらっしゃいますが、AC100Vの電源を使用している機器は意外と多いです。

停電しても使えるガス機器

AC100V電源を必要としないガス機器は、使用できます。
停電時に使えて良かったという声が多いのが「ガスコンロ」。普段はAC100V電源を使っていても、乾電池も使えるタイプでしたら動きます。自宅のガスコンロが使えるかどうか、事前に確認しておきたいですね。使えない場合もオプションが用意されていることがあるのでチェックしてみるといいでしょう。乾電池のご用意もお忘れなく!

他には「ガス小型湯沸器」も使用可能。また、最近はあまり見かけませんが、風呂釜、ガスストーブも使えます。

ただし、停電時にガス機器を使う場合は、注意が必要です。
換気扇やレンジフードが動かないので、窓を開けるなどして十分に換気を行いましょう。換気が不十分だと、不完全燃焼により一酸化炭素中毒に至る恐れがあります。

またガス漏れ警報器が作動しないので、何かおかしいと感じたらすぐに使用を中止しましょう。

さらに夜間など暗いところで使用する場合は、操作を誤ったり、高温部分に触れてしまったり、予想外の事故につながる可能性があります。最低限の利用に留めたいですね。

停電したら使えないガス機器

次の機器は停電時に使用できません。
・暖房風呂給湯器(風呂給湯器)
・ファンヒーター
・浴室暖房乾燥機(ミストサウナ)
・ガスオーブン
・ガス温水床暖房
・ガス衣類乾燥機

ガスエンジンを使って発電をする「エコウィル」は、停電時、発電運転が停止します。停電終了後は自動的に安全を確認し発電運転を再開(手動再開も可能)。「エコウィルプラス」は、ガスと水が正常に供給されていれば使用可能です。燃料電池の仕組みを使用している「エネファーム」も停電時は使えませんが、オプションで停電対応システムを付けることは可能です。

停電時に行った方がいいこと

冬場の停電の場合、給湯機などに付いている凍結予防ヒーターが作動せず、凍結し、機器の故障や破損のおそれがあります。取扱説明書に従い、機器内の水抜きを行いましょう。

ガス漏れの可能性があるとき

ガス臭いなと感じたら、火気を使用してはいけません。慌てて換気扇を付けたり、切ったりしがちですが、電気のスイッチは着火源になります。絶対に触れてはいけません。

窓を開けてガスを外に追い出しましょう。LPガスは低い場所に溜まりますので、寝ている人がいたら起こし、小さなお子さんやペットに特に注意したいですね。

また、「緊急時の連絡先」へ連絡した方がいいでしょう。そして安全確認が済んでから利用を開始します。

ガス器具の使用を再開するとき

通常ガスメーターは電池で動いていますので、地震の揺れでガスの供給をメーター自身で遮断した場合、メーターの復帰作業を行えば使用できます。

ただし、都市ガスの場合は、ガス会社からの供給がないとガスが使えない可能性があります。LPガスの場合は、ボンベ内にガスが残っていれば使用可能です。

ガス器具を使用するときは、ガス漏れがないか、ガス器具に損傷がないか、まずはしっかりと安全確認を行います。

その後、時計機能など、何か設定をしている場合は、設定がリセットされていることがあるので確認しましょう。タイマー予約などに影響が出る可能性があります。

エラー表示が出て使用できないときは、取り扱い説明書を確認するといいでしょう。取り扱い説明書が手元にない場合は、メーカーサイトで公開されているケースも多いです。

不安な場合はガス販売店などに問い合わせましょう。