アマゾンの電子書籍「Kindle(キンドル)」の使い方

電子書籍に興味はあるけれど、新しいことを始めるのは、少し億劫……。
そんな方もスムーズに始められるよう、Kindle(キンドル)の使い方を分かりやすく解説します。
専用の端末を用意しなくても、スマホやタブレットでも利用できるので、興味のある方は挑戦してみてください。

Kindleとは

Amazonが提供している電子書籍サービスがKindle(キンドル)。多くの電子書籍サービスがある中で王道なのがKindleと言ってもいいでしょう。電子書籍は、Amazon.co.jpのKindleストアで購入できます。漫画など特定のジャンルに偏らず、幅広いジャンルの電子書籍が用意されているのが特徴です。またKindleでは度々値下げが行われていたり、無料本が豊富にあったりと、上手に活用するとお得感が満載なのも嬉しいですね。

Kindleが気に入り、たくさん本を読みたい場合は、「Kindle Unlimited 読み放題」というサービスがあり、月額980円で好きなだけ本を読めます。30日間は無料で体験できますよ。

Kindleを始めるために必要なもの

Kindleは次の2つがあれば始められます。
(1)Amazon.co.jpのアカウント
Amazonで買い物をしたことがある方は、そのときに使用しているアカウントでKindleも利用できます。Amazonを初めて利用するという方は、新規でアカウントの作成(無料)をしてください。

【キャンペーン情報】条件に合えば、5,000円で6,025円分の利用が可能に!
Amazonでお得に購入するなら!ギフト券5,000円チャージで6,025円分利用する方法

(2)タブレットやスマートフォン
電子書籍を読むための端末を用意します。Kindle専用の端末も販売されていますが、初めての方は、まずお手持ちのタブレットやスマートフォンにアプリを入れてお試しいただくのがいいでしょう。

最近のタブレットやスマートフォンには、あらかじめKindleのアプリがインストールされているケースも多いようです。確認してみてください。Kindleアプリは、Android用もiOS用も出ています。

Kindleアプリを導入したら、Amazon.co.jpのアカウント入力しておきましょう。これで準備は完了です。

電子書籍の購入方法

Amazon.co.jpのサイト「Kindleストア」からでも、Kindleアプリからでも購入可能です。筆者は普段からAmazon.co.jpサイトで物を購入することが多いので、慣れもありサイト経由が探しやすいですが、好みや選び方にもよると思います。

  1. 「Kindoleストア」もしくはアプリの「ストア」から本を探す。検索ボックスに「無料」と入れると無料本が表示される
  2. 「1-Clickで今すぐ買う」を選択する
  3. 自動でダウンロードされない場合は、手動でダウンロードする

読むときに知っておきたい便利な機能

電子書籍によっては使えない機能もありますが、概ね以下のようなことが可能です。

■文字サイズやフォント、行間や背景の色を変更できる


画面をタップすると表示されるツールバーから「Aa」を選び、変更します。
背景が白と黒とではグッと印象が変わりますね。

■文章にマーカーを引いたり、分からない言葉を調べたりできる

文章を指でなぞると、マーカーを引くことができます。またマーカーを引いた部分をタップするとポップアップが表示され様々なことが可能です。マーカーの色を変更したり、メモを書いたり、コピーしたり。分からない言葉があればWikipediaで調べることもできますよ。

電子書籍を使ったことがないと、読みにくいんじゃないかと思いがちですが、実際に画面を見ると全くそんなことはなく、想像以上の快適さに驚くと思います。

実はiOSやAndroidの機能を組み合わせると、本の内容を読み上げてもらうことも可能に!こちらはまた別の機会にご紹介します。

紙の本を電子書籍化したい場合は、以下をご覧ください。
自宅の本を電子化!おすすめの電子書籍化サービスと選ぶポイント

Twitterでも情報発信中です(^^)
ブログとあわせてご覧いただけると嬉しいです。

弊社は創業50年以上、埼玉県入間市を中心に給湯器、ビルトインコンロなどのガス機器の販売・設置を行ってきました。現在はこれらに加え、お宅のニーズに合ったホームセキュリティの販売・設置も行っています。