QRコード決済の方法~楽天ペイの仕組みからアプリ、セキュリティの話まで

楽天ペイ
こんにちは。

弊社では楽天ペイによるQRコード決済を導入しています。

ただ、アジアを中心に海外では普及していますが、日本ではまだあまり馴染みのない方も多いようですね。

そこで今回はQRコード決済の方法について、楽天ペイを中心に仕組みからアプリ、セキュリティの話まで解説します。

楽天ペイのQRコード決済の方法

QRコード決済とは、その名の通り、QRコードを活用した決済方法になります。
代表的なシステムは「楽天ペイ」「LINE Pay」「Origami Pay」。

専用アプリをダウンロードして、クレジットカードの情報などを登録しておきます。
楽天ペイの場合は、楽天カードに加えて、VisaとMastercardが利用可能。
複数のクレジットカードを登録することもできます。
またデビットカードも使えます。支払い方法は1回払いのみ。
ただし登録しているクレジットカードの種類によっては、後日リボ払いなどに変更することが可能です(楽天カードも変更可能)。

楽天ペイの使い方は、3通り。
画面上部にある「コード表示」「QR読み取り」「セルフ」から選択します。

1.店側がQRコードを提示する方法【QR読み取り】
店側がタブレットなどでQRコードを提示するので、それをお客さんがスマホのアプリで読み取ります。
QRコードを読み込むと、お客さんのスマホがネットにつながり、支払額とカード情報の確認が行われ、OKであれば決済完了通知が店とお客さんの両方に届きます。
(パケット通信料はお客さんの負担になります)
弊社でお使いいただけるのは、こちらの方法です。
楽天ペイの仕組み

2.客がバーコードを提示する方法【コード表示】
お客さんがアプリを開き、バーコードを店側に提示します。それを店側が読み取ります。
その後、店の端末がネットにつながり、支払額とカード情報の確認が行われ、OKであれば決済完了通知が店とお客さんの両方に届きます。

3.客が金額を入力する方法【セルフ】
「セルフ」と呼ばれるもので、お客さんが支払うお店を選択し、金額を入力します。

ポイントが貯まる&使える

QRコード決済を使用すると、ポイントが貯まったり、割引きがあったりします。

弊社が導入している楽天ペイは200円払うごとに楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます(還元率0.5%)。
そして楽天ペイに登録したカードのポイントもたまるので、ポイントの二重取りができます。またポイ1ポイント1円相当として利用することも可能です。

ポイントを使う場合は、アプリで設定します。

ちなみに、LINE Payは、100円ごとに2ポイント貯まり(還元率2%)、Origami Payは店が設定した割引が受けられます。

安全性は大丈夫なの?セキュリティの話

慣れない仕組みを使用する場合は、安全かどうか心配になりますね。

QRコード決済を利用する場合、直接クレジットカードを店側に提示しないので、クレジットカードの情報が店側に残りません。
もっともクレジットカードには盗難保険などが付与されているので、被害にあっても実害になることは稀ですが、カードの再発行などが必要になるので手間がかかるのは間違いないですね。

また楽天Payの場合、スマートフォンの盗難にあったり、紛失した場合は、楽天会員IDのパスワードを変更することで楽天ペイアプリ使用を停止できます。もちろん、カスタマーデスクも用意されており、電話で連絡してもOK。機種変更をしたときも、おサイフケータイのような面倒な手続きは不要で、アプリをインストールするだけで使用できます。

最近のスマホには、ホーム画面をヒラクたびにロック解除が必要になるなど、スマホ自体のセキュリティも高くなっています。

2017年8月から全国のローソンで楽天ペイが使用できるようになりました。世田谷(二子玉川)、渋谷にある楽天カフェでは、楽天ペイで支払うとコーヒーや紅茶が半額になります。
今後、さらに利用可能な店舗は増えていくことでしょう。