iPhone7のApple PayでSuicaにチャージする方法(クレジットカード編)

Apple PayのSuicaにチャージする方法
こんにちは。

日本もどんどんキャッシュレス化が進み、便利になってきていますね。

少し前に、「Apple PayでSuicaのチャージができない」と相談されたので、ブログに方法をまとめておきます。

iPhone7があれば、Apple Pay(アップルペイ)でクレジットカードやSuicaを使用可能。つまり、その場でSuicaへのチャージができるので、長い列に並んだり、券売機へ行く必要がなくなります。

Apple Payの「Wallet」のSuicaにチャージする方法は、クレジットカードを使う方法と現金で行う方法の2種類。
今回はiPhone7のクレジットカードでチャージをする方法をご紹介します。

クレジットカードでApple PayのSuicaにチャージする

iPhoneの「Wallet」アプリに登録したクレジットカードを用いたチャージの方法を解説します。

(注意)
一部のクレジットカードはiPhoneの「Wallet」アプリでのSuicaへのチャージに対応していません。2017年8月25日現時点ではVISAは未対応です。しかし、最後に解説する「モバイルSuica」というJR東日本公式アプリを使えば、VISAカードなどのクレジットカードも一部使用できます。

1.ホーム画面の「wallet」アプリを起動

画面キャプチャー

ホーム画面上にある「Wallet」アプリをタップし、起動します。

2.Suicaを選ぶ

画面キャプチャー

チャージしたいSuicaのカードを表示します。すると右下に小さく「i」というアイコンが出るので、それをタップします。

3.チャージをタップし金額を入力する

画面キャプチャー

画面の中央からやや下にある青い「チャージ」の文字をタップします。

チャージしたい金額を入力します。
¥1,000、¥2,000、¥5,000の固定金額ボタンもあります。

画面キャプチャー

金額を入力すると右上のチャージの文字が青くなります。チャージの文字をタップすると、支払い画面に進みます。
※一度にチャージできる金額は¥20,000までです。

4.支払いを確定する

Touch IDで指紋認証すると支払いが確定します。
※カードを変更したいときは、「カード」の文字をタップすると使用可能なカードを選択することができます。

5.金額が表示されるので確認

画面キャプチャー

処理が終わると完了と表示されます。右上の青い完了の文字をタップして画面を閉じると、残高表示が更新されます。
これでクレジットカードによるチャージが完了しました。

モバイルSuicaアプリによるチャージ

モバイルSuicaアプリ

「Wallet」アプリではなく、「モバイルSuica」というJR東日本公式アプリを使う方法もあります。モバイルSuica会員でなくても、アプリをダウンロードし、会員登録とクレジットカードの登録をすれば使用できるようになります。

画面キャプチャー

iTunesストアからモバイルSuicaアプリをダウンロードし、画面のモバイルSuicaアプリをタップします。

画面キャプチャー

画面の下に「入金(チャージ)金額を選ぶ」という表示とともに、¥1,000、¥3,000、¥5,000、その他という表示が出ます。その他を選ぶと¥500〜¥10,000の中からチャージ金額を選択できます。

画面キャプチャー

金額を選ぶと、画面下に「クレジットカード」のボタン、りんごマークにPayと書かれた「Apple Pay」のボタンが表示されます。どちらかを選択してください。「Wallet」アプリでは使用できなかったVISAカードも、モバイルSuicaアプリに登録すれば、画面のようにチャージ時に選択可能です。(ただし、一部のクレジットカードは、モバイルSuicaに対応していません)

Touch IDで指紋認証すると支払いが確定し、チャージが完了します。

今回は以上になります。

【おすすめ!関連記事】
iPhone7のApple PayでSuicaにチャージする方法(現金編)
電子マネーとは?クレジットカードと比較して考えてみました