買い物忘れを防ぐならメモアプリ「Google Keep」がおすすめ!


こんにちは。

買い物から帰宅したときに「しまった!○○を買うのを忘れた~」というご経験はありませんか?

youngwoman

筆者はよくありました……。
外出前に「買い物リスト」を作っても、そもそも買い物リストに入れるのを忘れることも(笑)。

筆者の場合、特に忘れた経験が多いのが調味料類。
「とんかつソースがなくなったから、今度買い物に行くときに買わなくちゃ」なんて、頭だけで覚えておこうとすると、特に忘れがちです。

もし同じような方がいらっしゃったら、Google Keepというメモアプリが便利。

Google Keep
Googleが無料で提供しているアプリで、画面上に付箋を貼っていくような感覚で使えます。
初めてでも特に迷うこともなく、操作できました。

そして何が素晴らしいかというと、リマインド(通知)機能
指定した時間になると通知してくれるというのは、よくありますね。
Google Keepだと時間の通知に加えて、住所を設定した通知が可能です。

住所を設定しておくと、設定した場所に近付いたときに、通知が届きます。
なので、Google Keepに「とんかつソースを買う」とメモして、いつも行くスーパーを設定しておけば、スーパーの近くに行くと教えてもらえるというわけです。

買い物以外に「コンビニで支払いをする」「ハガキを出す」というような通勤途中で忘れたくないようなToDoをメモしておくのもおすすめ。

メモには色を付けたり、ラベルで分類しておくこともできます。

また共有機能もあるので、家族にお使いを頼みたいときなどにも使えます。

メモアプリとしては、EvernoteやOneNoteが有名ですね。
画像の保存や音声によるメモなどができる点、PC、タブレット、スマートフォンなど多くの端末で使える点は同じですが、Google Keepの使用感は、EvernoteやOneNoteとはけっこう違います。
シンプルな分だけ直感的に操作できる印象です。

あとは付箋をペタペタと貼っていくようなイメージなので、長い文章をメモしておくというよりも、ちょっとしたメモをとることの方が向いている気がします。
リスト形式のメモもとれるので、タスク管理(ToDo管理)などにもおすすめ。

Google Keepもメモをアーカイブとして残しておくことはできますが、情報を貯めていくような使い方をしたいならEvernoteやOneNoteがいいでしょう。
EvernoteやOneNoteは、フォントのサイズを変えたり、フォントに色を付けたり、より細かく分類しやすかったりと多くの情報を蓄積するのに便利な機能が揃っています。

ちなみに筆者は、Google KeepとEvernoteを使い分けています。

今後もITを活用することで生活を便利にする方法などをご紹介していきます。
FacebookTwitterも運営していますので、あわせてご覧いただけると嬉しいです。