無料で大学の授業を受けられる!「JMOOC」

こんにちは、新年度が始まり半月以上が過ぎましたが、お疲れはたまっていませんか?

ここ数年、インターネットを活用した学びの進化がすごいですね。以前から特定のテーマについて解説を行うWebサイトは多数ありましたが、現在は動画を用いたサービスが増加。もちろん私も活用しています。無料でここまで学べるのかと驚くことも。

今回は、オンライン講座をまだ利用したことがない方でも気軽に試しやすいJMOOC(ジェイムーク)という無料サービスをご紹介します。
jmoocの画面キャプチャー

JMOOC(ジェイムーク)とは?

2012年に米国で始まった大規模公開オンライン講座「MOOC(Massive Open Online Courses)」の日本版です。当時、テレビなどでも取り上げられたので、なんとなく記憶に残っている方も多いことと思います。MOOCは、大学をはじめとする高等教育機関等の講座を誰でも無償で受講できるサービスで、講座終了時には修了証も取得できます。

JMOOCも同様に、無料で利用でき、大学や企業が本格的な講義を開講。2017年4月の時点では、歴史や統計学、プログラミング、心理学、工学系の講座が開講されています。また過去には簿記やTOEICといった資格取得のための講座もありました。

講座は1週間を基本単位として、見るべき動画が公開されます。小テストや週ごとの課題、総合課題もありますよ。そして全体の評価が修了条件を満たしていれば修了証がもらえます。分からないことを参加者同士で解決する「掲示板」や、「ミートアップ」と呼ばれる自主勉強会、先生本人に直接指導してもらえる「対面学習」も!インターネットを活用することで、場所や時間にとらわれず学習ができるのは嬉しいですね。

受講の始め方

1.JMOOCに登録する

JMOOCへ登録しなくても受講はできますが、登録するとお気に入りの講座をリストに登録して通知を受け取ったり、JMOOCからメールマガジンが届きます。

2.公認プラットフォームに登録を行う

JMOOCの講座は、gacco(NTTドコモ社とドコモgacco社)、OpenLearning, Japan(ネットラーニング社)、OUJ MOOC(放送大学)、Fisdom(富士通社)のいずれかのプラットフォームで観ることができます。どのプラットフォームを使うかは、講座により決められています。興味のある講座を配信しているプラットフォームを選んで登録を行うといいでしょう。

3.JMOOCで学びたい講座を選び、プラットフォームにて受講登録を行う

JMOOCのリストの中から受講したい講座を選択します。プラットフォームで受講登録を行えば、準備OK!

学習方法を含めて、詳しくは「受講案内」をご覧ください。

キャリアアップに生涯学習に!オンライン講座の活用法は人それぞれ。JMOOCの他にもオンライン講座は多数あります。中には付加価値を高めた有料の講座もありますよ。また別の機会におすすめのオンライン講座をご紹介できればと考えていますので、どうぞお楽しみに。

【おすすめ!関連記事】
インターネットの便利なサービス☆月額400円で雑誌が読み放題に!
電子書籍時代のあたらしい読書法 ①電子書籍の特徴
電子書籍時代のあたらしい読書法 ②電子書籍の始め方