パソコンに保存してある写真をうまく整理するコツはフォルダ分けがカギ

こんにちは。
デジカメが一般的になり、携帯やスマホに高性能のカメラが付いている現在、以前に比べて写真を撮影する機会が増えた方も多いのではないでしょうか。
バスや電車の時刻表などをメモ代わりに、スマホのカメラで撮影するといった使い方も出てきましたね。
大容量のSDカード等が手軽な価格で手に入るようになったことから、枚数を気にしながら撮影することになくなってきました。

一方で、撮っただけで満足してしまい、写真を数カ月メディアに入れっぱなし、なんてことも……。

後日、思い出を振り返ることができるのが写真の良いところです。

そこで、今回は長く続けやすいように、あまり手間をかけずに写真を整理するコツをご紹介します。

1.フォルダー分けをして保存しておこう

写真整理用のソフトやWebサービスなどは、非常にたくさんありますが、パソコンをお持ちでしたら、まずはPC内に保存しておくことをおすすめします。
保存するときにポイントになるのが「フォルダー分け」。どのようなフォルダー名を付けるかで、後々写真を探しやすくなります。

まずはフォルダー名のルールを決めましょう。

写真の量や好みなどもあるので、ご自身にとって最もしっくりくるものと選ぶといいと思います。

【案1】撮影月ごとに分類
面倒な作業は苦手!細かい管理をしようとすると長続きしそうにないという方におすすめです。
撮影月ごとにフォルダーを作り整理します。
(例)2017年2月に撮影した写真を保存するのは「201702」など

【案2】撮影日ごとに分類
面倒な作業は苦手だけど、毎日のように撮影している方におすすめです。
撮影日ごとにフォルダーを作り整理します。
(例)2017年10月10日に撮影した写真を保存するのは「20171010」など

【案3】ジャンル別にフォルダーを作り、その中に日付ごとにフォルダーを作る
手軽さと分かりやすさにこだわりたい方におすすめ。
家族 > 20170101 のようなイメージです。
ジャンル別の例としては、家族のほかに「子ども」「友人」「会社」「旅行」「風景」などが考えられます。
過去の同一シーンと比較しやすいというメリットがあります。

【案4】日付+イベント名で分類
写真の中身を見なくても、フォルダー名からある程度内容を想像できる形。
案3をさらに細かく設定し、「家族 > 20171028_キャンプ」のようなイメージです。
もしくは「家族」などといったジャンル名での分類はナシにして、案2の分類にイベント名を付けるという形もいいと思います。
日付とイベント名の間には「_(アンダーバー)」を入れておくと、ひと目で読み取りやすくなります。
アンダーバーの入力方法はこちらをご覧ください。

どの案であっても、数が増えてきたら「2017」など、年ごとにフォルダー分けしておくのもいいでしょう。

余力があれば写真のファイル名もルールを作り変更しておくと便利ですが、面倒な方はそのままでもいいでしょう。
変更する場合は、一気にファイル名を変更する方法がありますので、ぜひ参考にされてください。
一気にファイル名を変更する(マイクロソフト)

もしくは、フリーソフトなども出ています。

2.バックアップ用にはグーグルフォトが便利

パソコン内だけの保存だと、PCが故障した際に写真を失ってしまう危険性があります。
バックアップをとっておきたいですね。
外付けのハードディスクやCDなどに保存しておくのもひとつですが、「Googleフォト」も便利です。

写真のサイズに制限があるものの容量無制限で無料で使用できます。
まだ自動でバックアップをとれるように設定することも可能です。

詳細は、以下のページが分かりやすかったです。
Googleフォトで写真を賢く管理しよう!基本の使い方と出来ること

~~★~~★~~

いかがだったでしょうか。
フォルダ分けの方法などは、非常に好みが出る部分です。基本を知ったうえで自分に合う方法が見つかることを願っています。

(関連記事)
古い写真のデジタル化①:デジタル化するメリットとは?
古い写真のデジタル化②:自分でスキャナーでデータ化する方法