【印刷コスト】コンビニ vs 家庭用プリンター(キャノン PIXUS MG3630/TS8030)

こんにちは。

皆さんはプリンターをお持ちですか?
この時期は年賀状の準備などもあり、家電量販店に行くと多くのプリンターが並んでいますね。

プリンターが自宅にあると、手軽に印刷ができ便利ですが、インクや専用紙のお値段もけっこう高いです。
そこで、年々多機能になっているコンビニのコピー機を使う場合と家庭用プリンターでは、どちらかが印刷コストがお得か考察してみました。

1.比較条件

次の条件で計算を行いました。

【印刷物】
L版の写真

【家庭用プリンター】
CANON PIXUS MG3630
CANON PIXUS TS8030

※プリンターの本体価格は、価格.comの最安価格を参照(2017.12.06現在)。

印刷コストは公式サイトの価格を用いました。できるだけ格安という視点で考えて「キャノン写真用紙・光沢 ゴールド」の価格にて算出。
※細かい状況はこちらを参照のこと。

【コンビニのコピー価格】
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの価格を用いました。

MG3630 TS8030 コンビニ
本体価格 5,238円 19,700円
印刷コスト
(1枚当たり)
大容量インク 19.5円 16.6円 30円
通常インク 25.6円 24.4円

2.大容量インクを使う場合

大容量インク、印刷コストのグラフ

大容量インクのインクコストの表

本体価格の安い「CANON PIXUS MG3630」の場合で、約500枚の印刷でコンビニとの価格差が逆転します。
本体価格が高い「CANON PIXUS TS8030」だと約1,470枚の印刷で逆転。

3.通常タイプのインクを使う場合

通常インク、印刷コストのグラフ

通常インクのインクコストの表

本体価格の安い「CANON PIXUS MG3630」の場合で、約1,200枚の印刷でコンビニとの価格差が逆転します。
本体価格が高い「CANON PIXUS TS8030」だと約3,500枚の印刷で逆転。

4.まとめ

印刷枚数が少ないとコンビニの方がお得になりますが、一定枚数を超えると家庭用プリンターを購入する方がお得になります。
今回は純正の用紙、プリンターを使った場合の金額ですので、家庭用プリンターの場合も互換インクなどを使えばもう少し安くなるでしょう。
ただし、家庭用プリンターの場合は、使われずに残ってしまう用紙やインクがあることもお忘れなく。

けっこうな枚数を印刷しないと、家庭用プリンターでは元はとれないかもしれませんが、やはり自宅にプリンターがあると印刷する手軽さは違いますね。用紙にこだわったり、試し刷りをして修正したりといった便利さもあります。

家庭用プリンターを購入した方がいいかどうかは状況により異なりますので、印刷コストも参考にしつつ、総合的に判断されることをおすすめします。

今回の記事が家庭用プリンターを購入する際の参考になれば幸いです。